August 16, 2014
"落ち込んだり気分が沈んだ時に一番ヤバい感情は「面倒くさい」だと思う。これにハマるとしんどい。食事する、ゆっくり風呂に入る、外出する、部屋を掃除する。そういうハードルが高くなる。狂気の作家、平山夢明氏は「面倒くさいは狂うスイッチ」と言っていた。敵は暗い気分じゃない。面倒くささだ。"

Twitter / tarareba722: 落ち込んだり気分が沈んだ時に一番ヤバい感情は「面倒く … (via eternityscape)

(via plasticdreams)

August 16, 2014
"

例えば私が資金調達のための研究提案を出しても、「どうせ半導体はダメだ」と十把一絡げにして叩き落される。

「いや、フラッシュメモリやSSDはソフトとハードを連携さえて勝ってきました」

「これからも工夫と戦略次第では勝てる」

なんて言っても聞いてもらえない。理屈の問題ではなく感情の問題だからいくら論理的に説明しても無駄で「お前は生意気だ」くらいで終わります。

確かに、フラッシュメモリなど一部の強い企業以外では、日本の半導体産業では携帯電話のCPUなどに使われるシステムLSIは壊滅的な状況で、メモリも生き残ったのは東芝だけ。

ただ、負けたには負けた理由があるのです。多くの場合は、アメリカ企業など先行企業が始めた事業がうまく行きそうになると、競って参入する。しかし、先行企業を追い越せる技術も事業をまわすためのエコシステムも作れずに、最後は皆で撤退する。

そういう方々が、「これからはエネルギー(パワーエレクトロニクス)だ」なんて仰っているのを聞くと、また同じことを繰り返すんだなあ、と思ってしまいます。先行者を追い越すには、卓越した戦略なり技術なり、先行者を凌駕するほどの桁違いの資金力なり、何らかの競争優位が必要です。それもなく、何となく流行っているから参入するでは勝てっこないでしょう。

私が大学を出てから30年が経ちます。振り返ると、最初の10年では皆がダメというフラッシュメモリの立ち上げに携わりました。
事業が立ち上がり始めると、それまでは「できっこない」と言っていた人たちが手のひらを返して参入してくる。ただ、そういう流行で入ってくるような人たちは、やがて負けて撤退していきます。そして、今では「日本では半導体はダメだ」と言い出す始末。

困ったことは、そういう方々が社会のあらゆるところの意思決定に近いところに居たり意思決定者だったりして。この国ではマジョリティにならなければ、資金も得られない。これは年功序列の弊害ですね。

失敗の原因を作った人が、若い現場の人をリストラする一方、自分は失敗の責任を取らずに担当事業を変えて組織の中に生き残り、意思決定者となる。そういう人に何を言っても無駄であり、日本で研究を続けるのは無理でないかと、かなり絶望的な気分になっていました。

"

日本のエレキが必負の理由.「失敗の原因を作った人が、若い現場の人をリストラする一方、自分は失敗の責任を取らずに担当事業を変えて組織の中に生き残り、意思決定者となる。」なるほど.

日本の半導体やエレクトロニクスが何故負けたか。皆がやっているから始める、皆が止めたから止める。こんなことの繰り返しでは勝ってこない。事業も人生も逆張りでなきゃ。 - 竹内研究室の日記

(via kashino)

(via otsune)

August 16, 2014

larsfundbureau:

Mario Sorrenti . “Queen Frostine” . 032c //

Wer träumt nicht davon, sich einmal von Kopf bis Fuß mit Eiscrème, Schokoladensauce, Streuseln und Sprühsahne einzureiben? Okay, vielleicht nicht jeder und ja, eine solche Aktion dürfte schließlich in ein riesiges Schlachtfeld münden. Aber den Spaß wäre es wohl wert. Und für jeden Fotografen sind Inszenierungen dieser Art natürlich ein Traum.

So hat sich Mario Sorrenti hier für seine Strecke “Queen Frostine” richtig ins Zeug gelegt, vorher aber sicherheitshalber das Studio mit Plastikplanen abgedeckt. Wie man es vom Italiener gewohnt ist, kreiert er aus oben genannten Zutaten visuell äußerst leckeren Augenschmaus. Mit viel Haut und Sexiness. Und da das ganze Spektakel jüngst in der aktuellen Sommer-Ausgabe von 032c erschienen ist, darf einen ohnehin nichts wundern. Was könnte besser passen zum langen Pfingstwochenende, an dem die Temperaturen jenseits der 30° C klettern sollen?

Die aktuelle Ausgabe der 032c findet ihr am Kiosk und online hier: www.032c.com.

(via ginzuna)

August 10, 2014
torefurumigoyo4:

大島珠奈

torefurumigoyo4:

大島珠奈

(Source: kojimblr)

August 10, 2014
torefurumigoyo4:

西野七瀬

torefurumigoyo4:

西野七瀬

(Source: kyawayui)

August 9, 2014
kagurazakaundergroundresistance:

gkojax:

suwaowalog:

kagami:

Gilbert Garcin

kagurazakaundergroundresistance:

gkojax:

suwaowalog:

kagami:

Gilbert Garcin

August 9, 2014
art-centric:

Edwin Ambrose Webster - La Gaude, France

art-centric:

Edwin Ambrose Webster - La Gaude, France

(Source: flickr)

August 9, 2014
bofransson:

Auguste Herbin - Nature morte aux fleurs, 1910

bofransson:

Auguste Herbin - Nature morte aux fleurs, 1910

August 9, 2014
bofransson:

Anders Zorn - Balance

bofransson:

Anders Zorn - Balance

August 9, 2014
bofransson:

Paul Cezanne  - Seascape

bofransson:

Paul Cezanne  - Seascape

August 9, 2014
art-centric:

Pablo Picasso (Spanish artist, 1881–1973) Marie-Thérèse Walter in Le Rêve (The Dream), 1932.

art-centric:

Pablo Picasso (Spanish artist, 1881–1973) Marie-Thérèse Walter in Le Rêve (The Dream), 1932.

August 9, 2014
art-centric:

1939 Pablo Picasso (Spanish artist, 1881–1973) Young Girl Struck by Sadness.

art-centric:

1939 Pablo Picasso (Spanish artist, 1881–1973) Young Girl Struck by Sadness.

August 9, 2014
art-centric:

Marie-Therese Walter. In 1927, Picasso met Marie-Therese Walter. She was 17, while Picasso was about 42 years old. At that time, Picasso was married to Olga with whom he had a 4-year-old son with. In 1935, Marie-Thérèse Walter became pregnant. When Picasso’s wife, Olga, learned of her husband’s pregnant mistress, Olga moved to south France. Olga & Picasso never got a divorce; because Picasso wanted to avoid the even division of property dictated by French law. They lived separately until her death in 1954.

art-centric:

Marie-Therese Walter. In 1927, Picasso met Marie-Therese Walter. She was 17, while Picasso was about 42 years old. At that time, Picasso was married to Olga with whom he had a 4-year-old son with. In 1935, Marie-Thérèse Walter became pregnant. When Picasso’s wife, Olga, learned of her husband’s pregnant mistress, Olga moved to south France. Olga & Picasso never got a divorce; because Picasso wanted to avoid the even division of property dictated by French law. They lived separately until her death in 1954.

August 9, 2014

(Source: oy-rcm, via plasticdreams)

August 9, 2014

(Source: rolexmode, via plasticdreams)